おかえりぃ~

ブログに書くのも迷ったのですが

皆様には成長を見守っていただいていたので

ご報告させていただきます

10-3-6-1.jpgピンクりぼんちゃんが帰ってきました

 

ハハはお迎えに行かせていただきましたとも

今回は文章が長くなりそうなので

まずは

ピンクりぼんちゃん


とっても元気ですので ソコはご安心ください

 

話は 昨日3月6日にさかのぼります・・・

朝からのんびり ワンコクッキーを焼いたり

たらっ太のマナーベルトを作りかけていたところ

昼過ぎに 滋賀県の彦根市に行った(現) ピ~ちゃんのママから

電話をいただきました

(旧)つくしちゃんのママは日に何度か ご連絡をくださり「かわいい」を連発する方だったで またなにかかわいいことをしたのかな?程度にのんびりお話を開始したら

「つくし姫 前足が腫れているので病院に連れて行ったら 『くる病』って言われた」

不勉強なハハは「クル病」っていう病名は知っていましたが 昔の船乗りがなってた病気(?_?)

って位で よくわかりませんでした。慌てて PCで検索をしながら お話を続けさせていただき

・・・でも、つくしママ お話を聞いたら 何の検査もしていなくて触診のみ

もうチョット チャント検査の出来る病院での セカンドオピニオンをお願いして

万が一 設備の整った場所での 検査 治療が必要ならばお迎えに行く事をお伝えし

一旦電話を切り もっとチャンと調べなおすと???

カルシウム不足?リンの過剰摂取??栄養失調ってこと???

なんじゃそれ~

この病気は ありえない! 足が腫れているなら 他の原因があるはず

外因的なものだったら 至急処置してあげなければ あとあとが大変だし、先天的なことだったら、他の兄弟たちにも関わる事だから

念のため ごびのご実家様にも 今までにそんな病気の子は出ていない事と

関西での良い病院をお聞きして 彦根に連絡をとってもらいつつも

慌てて いえ&ごびのお散歩に出かけたら 再び携帯に連絡が入り

「2件目の病院でも同じことを言われた、でもやっぱりまた、何の検査もしていない

彦根には設備整った病院もないし 遠くの病院まで連れて行く気は無い

こんな小さい子だとレントゲンも取れないから 症状が酷くなるまで待つしかない それだとかわいそうだし 動けなくなったら 私には面倒は見れない

涙やけが酷くて顔もブサイクになってきたので 返したい」

 

レントゲンも撮れないって どんな病院なんでしょう?

検査もしないで、症状が出るのを待つって どんな選択?

そんなわけわかんない無責任な事をおっしゃる方に 大事なごびベイベェ~をお任せすることは出来ません!

ブサイクってサルピレになって来てるだけなんじゃないのって思っても言う気にもなれず

車にバリケンを積み ごびご実家様や出産からお世話になっている 獣医さんに連絡をとり翌日の検査をお願いし

片道400km すっ飛んで行ってまいりました

彦根インターを降り、コンビニに車を止めて 電話をしたら

「目を離した隙に お風呂に飛び込んで ビショビショになっているから 出かけるのに時間がかかる」

(@_@) いやぁ~30分前に もうすぐ着くって電話したでしょ!!!!!!!!!!!

ってぶち切れたい気持ちを押さえ 「風邪をひいたら困るので チャント乾かしてくださいね」

って1時間以上 コンビニ駐車場で 待たせていただき 連れてきていただいた 生乾きのぴ~ちゃんを抱っこして 前足を触ってみると

???普通に関節ジャン

 ほっと一安心 とりあえず ご挨拶をして 翌朝朝一で病院に連れて行けるよう 雨の中をひた走り

一旦家に帰り 今日は仕事がお休みなoyajiに運転をしてもらい 病院へ

先生も「大型犬の関節としては正常な大きさじゃないかなぁ~」

でも 一応検査しましょうね ってレントゲンも撮ってもらい

一番心配だった ヒビ等の外因的なものも 何もなくやっぱり、問題なし

最初の連絡から20時間ほどで ビックリの急展開

もちろん ぴ~ちゃんはもう彦根に行くことはなく

10-3-6-2.jpg

 

たらっ太と元気に

 

 

 

10-3-6-3.jpg楽しく

 

 

10-3-6-4.jpg

遊んでまぁ~す

 

遊び相手が帰ってきてくれ

たらっ太は大喜び

ごびママも小喜び

いえてぃ姉ぇ~さんは・・・生徒が増えて大変そうだわヽ(^o^)丿

 

先のことは こんばんゆっくり寝てから考えましょ(^^♪

Posted by いえハハ