おかげさまで

お犬様

ごびの検査結果が出ました

悪性ではありましたが

  それでも悪性度は低く

今回の手術で 取り除けたようです。

今後は 特に治療の必要はなく月一度の検診をすることに

一安心です

ブログになんて書かないで

そっと手術をすることも考えたのですが

イザというときに 供血していただけるかたを 1頭でも多くお願いしておきたかったため

ワガママなことに書かせていただきました。

みなさんにもご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

でも、いつでも駆けつけていただける

お家で待機してくださっている方も居るから大丈夫!

って思えるのは ほんとうに心強かったです。

みなさんからの応援のおかげで

手術も術後もびっくりするくらい順調に回復しました。15-09-15.jpg

ほんとうにありがとうございました。

高齢の犬になら誰にとっても要注意

じつは、以前一緒に暮らしていた カーフというMIX犬は

何度も病院に診察に行ったにもかかわらず

脾臓の腫瘍を見つけてあげることができず

あまりの様子の悪さに 病院を変えたら すでに脾臓破裂の状態でした

永遠の命なんてありえないのはわかっています

でも

せっかく出会えたのだから

あまり確立の高くない 転移を心配するより

毎日を楽しむことにします(*^_^*)

たくさんの元気玉をありがとうございました

コメント

  1. ぱんママ より:

    以前よりもしかして元気度が増したんじゃ???
    年齢を重ねていくだけでもいろいろ不具合が出てくるお年頃。痛かったり辛かったりが無いのなら病院で痛い思いも辛い思いもしないでしずかにのんびり過ごせたらなぁと最近思うようになりました。
    なので・・・ニーナの腰には今年の夏には消えなかったぷよぷよの脂肪腫が健在( *´艸`) これが寒くなると固くなって周りの毛が擦り切れてはげるんだけどね~( ;∀;)
    実は隠れてるお腹のヒダヒダもたれたれのおっぱいも私にとっては可愛いもんです(#^.^#)

  2. いえハハ より:

    >ぱんママさん
    脾臓の分体が軽くなったのかな(^m^)
    足取り軽く、ドーイにちょっかい出してます。
    やっと涼しくなってきたのだから、どんどん動いて内臓脂肪も減らさなくっちゃ?
    ニーナは子育て上手な良いママだもんね
    勲章さぁ~\(^o^)/

トップへ戻る